ワークマンで良いんじゃない?乗馬道具

ワークマンで良いんじゃない?乗馬道具
The following two tabs change content below.

乗馬の勧めの中の人

父親が乗馬の仕事をしていた関係で2歳から乗馬を開始。 大学では強豪と言われる馬術部に所属していた。 乗馬歴21年ほど。 インターハイ、国体、全日本に出場 初心者やこれから始める人にフォーカスを当てた記事を執筆

最新記事 by 乗馬の勧めの中の人 (全て見る)

はじめに

以前からこのブログで、「初心者のうちは道具に費用をかけないで良い」という内容の話をしてきた。
近年の乗馬道具は流行のデザインを毎年のように変更していており、数年たつと「古くさい」デザインになってしまう。

また乗馬を継続すること自体が難しいことが多く、
挫折や飽きてしまったりして持て余した道具をいくつも見てきている。

そこで今回は、日本中どこでもある「ワークマン」にて手軽に購入でき、
かつ乗馬向きの商品を写真付きで紹介しようと思う。

初心者の方にとって有益な情報になれば幸いだ。

私もずっと使っていた安定のグローブ

このグローブは私が高校時代からずっと馬術で使ってきたものだ。
色のバリエーションも多く、かつ価格も安いので厩舎作業から競技会まで幅広く使用できる。
そう簡単に破れたりしないが、まとめて買っておいても良いだろう。

これで良いのでは?防水靴

ふと靴売場を見てみると、なかなかお誂え向きの靴があることに気がついた。
それがこの靴である。

デザインだけ見るとAIGLEのレインブーツのようなこの靴は厩舎作業や、
乗馬後のちょっとしたリラックスタイムにちょうど良いだろう。
プロテクターを洗ったり、洗濯物をしたり、ボロをとったり
少し足元が汚れる可能性がある際にピッタリだ。

まとめ

今回は二つのアイテムについて紹介させてもらった。
初心者のうちはこのような安いアイテムで日々の練習をこなし、
競技会に出る時などにおしゃれな道具を揃えていけば良いのではないだろうかと思う。

ちなみにそれなりの大きさの競技会では、
いくつもの馬具屋が販売所を設置してるので選ぶ楽しさがあるだろう。
上達に向けて参考にしてみていただきたい。