怖がるジュニアに効果的な練習方法

怖がるジュニアに効果的な練習方法
The following two tabs change content below.

乗馬の勧めの中の人

父親が乗馬の仕事をしていた関係で2歳から乗馬を開始。 大学では強豪と言われる馬術部に所属していた。 乗馬歴21年ほど。 インターハイ、国体、全日本に出場 初心者やこれから始める人にフォーカスを当てた記事を執筆

最新記事 by 乗馬の勧めの中の人 (全て見る)

はじめに

自分の子供に乗馬を習わせよう!と意気込んだのは良いが、親の思いとは裏腹に馬上を怖がってしまう子供。
私は長い乗馬生活の中で何度も見かけた。

もちろん時間をかけて継続すればそのようなことはなくなるのだが、
子供によってはもう辞めたいという子も出てくるかもしれない。

今回はそんな子供に効果的な「馬上体操」という練習について紹介しようと思う。

指導者ではない皆さんが「この練習をしてくれ」と依頼するのは難しいかもしれないが、
知っておくと良いだろう。

まずはこのビデオを見てほしい

馬上体操は動画で見た方が分かりやすいので、まずはこちらを見て欲しい。

どうだろうか?
簡単に言えば馬上で出来る柔軟体操のようなものである。

この馬上体操は動いていない馬の上で行うか、常歩をしている馬上で行う。

怖がっている子供は「落馬」の危険性から馬上をいやがることが多く、
ほぼ動いていない馬上体操は比較的怖がらずに乗ってくれるのだ。

人間への効果「リラックス」「バランス感覚の向上」

では乗っている人間への効果をお伝えすると、まずは全身の筋肉をほぐすことで「リラックス」効果が得られる。
緊張して固まっていると、その緊張が馬へと伝わり予期せぬ事故が起きてしまう。

特に怖いと先入観を持っている子供はこのリラックス効果が重要なのだ。

また繰り返し練習することで、バランス感覚が磨かれ今後の上達につながってくる。
馬の上でどれくらい体重移動をすると落下しそうになるのかなどといった感覚も身についてくるのだ。

この事を意識して馬上体操をするのと何となく乗るのでは
上達に雲泥の差が出てくるので是非目的意識を持って馬上体操をしてほしい。

危険ではないのか?

危険性については騎乗する馬によるが、最初に記載した通り基本的に
停止しているか常歩をしてる馬上で行うので、危険性はかなり低い。

また馬上体操で馬の首を触ったり、お尻の方を触ったりすることで馬自体がリラックスするという効果もある。
馬がリラックスすることで、暴れる危険性なども減ってきてより安全に乗馬を出来るのだ。

まとめ

今回は怖がるジュニアに効果的な練習方法として「馬上体操」を紹介した。
指導者の方針では馬上体操をしない場合もありうるが、筆者が経験をしてきた中では間違いなく効果のある練習であったと感じている。
もしあなのお子さんが馬上を怖がった場合、原点のような練習「馬上体操」を試してみるのも良いだろう。