体験乗馬に行く際の服装

体験乗馬に行く際の服装
The following two tabs change content below.

乗馬の勧めの中の人

父親が乗馬の仕事をしていた関係で2歳から乗馬を開始。 大学では強豪と言われる馬術部に所属していた。 乗馬歴21年ほど。 インターハイ、国体、全日本に出場 初心者やこれから始める人にフォーカスを当てた記事を執筆

最新記事 by 乗馬の勧めの中の人 (全て見る)

最初に

体験乗馬を申し込んだ際
多くの乗馬クラブからこのような服装をしてきてください。
と指示があるだろう。

本日はその服装をさらに深堀した内容で記事を書こうと思う。
これから体験乗馬に行く人にとって参考になれば幸いだ。

一般的に指示される服装

多くの場合指示される服装は
・汚れても良い靴
・ジーパン等動きやすいズボン
・夏場はポロシャツ、冬場は腰くらいまでのジャンパー
・軍手

だいたいこのような指示がされると思う。

長年乗馬をしてきた筆者が考えるそれぞれの内容について見ていこう

汚れても良い靴

まず汚れて良い靴と言われてもピンとこないかもしれない。
それはつまり使い古したスニーカーということになる。

その理由はあなたが想像するよりずっと馬場(馬の運動場)は汚れていて、靴が泥まみれになる可能性があるからだ。

馬場は例外をのぞいてすべて砂が敷き詰めてあり、ちょっとした雨で水たまりが出来てしまうことも少なくない。その上を馬に乗るだけでなく、徒歩で移動することも多いので、汚れても良いスニーカーが必須になってくる。

また長靴でも良いと言われる場合もあるが、
一般的な長靴は大きめのサイズ感で作られていることが多く、ブカブカすることで馬上でアブミを履くのに適していない。

スニーカーで乗馬し、馬の手入れ時に長靴に履き替えるのが良いだろう。

動きやすいズボン

体験乗馬ではジーパンを勧められる事が多いと思うが、別にチノパンでもジャージでも良い。

筆者が考える問題は長ズボンでそのサイズにある。

出来るだけ細身のズボンをお勧めする。
ブカブカのズボンだと馬上でめくれあがってきたり、生地が寄った場所が擦れて痛くなってしまう事がある。
もちろん半ズボンやハーフパンツも擦れて痛いだろう。

またスカートやガウチョパンツなども適していない。

ポロシャツや腰くらいまでのジャンパー

夏場はポロシャツでも良いし、Tシャツでもかまわない。
馬上は馬の体温でかなり暑く感じるので、通気性がよく汗もすぐ乾く素材のものを着た方が良いだろう。

冬場はジャンパーを着ることになるが、ナイロン素材の方がよい。
乗馬施設は独特の臭いがあるので、綿など吸収してしまう素材だと臭いが残ってしまう。
イベント会場でスタッフジャンパーとして使っているようなナイロンブルゾンがあればベストだ。

フードは無い方が良い。
ふとした瞬間に馬にフードを噛まれて引っ張られる可能性があるので
気を付けてほしい。

軍手

手袋はすでに軍手を持っていればそれで良いと思うが、
わざわざ買うのであればワークマンで売っているラバーグローブをお勧めする。

軍手を買うのとさほど変わらない金額で、ぴったりと手にフィットする優れ物だ。
筆者も長年愛用している。競技会で着けても問題ないくらい乗馬に適しているので是非購入してみてほしい。

まとめ

今回は体験乗馬に行く際の服装について考えを深堀してみた。
一度きりの乗馬になるか、これから趣味として乗馬を続けるかは最初のイメージが大きいと思う。

擦れていたい思いをしたり、
グチョグチョに汚れて気分が萎えたりすると本来の楽しさに目が向かなくなる。

体験乗馬に行く人はぜひ参考にしてみてほしい。